CAST

©中野敬久/ロッキング・オン

ロミオ(Wキャスト)

黒羽麻璃央/Mario Kuroba

2010年の第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリを受賞し、2012年にミュージカル『テニスの王子様』で俳優デビュー。以降、ミュージカル・ストレートプレイ問わず舞台に多数出演。近年は、映画・ドラマやバラエティ番組、更に20年には情報番組『ヒルナンデス!』シーズンレギュラーを務めるなど活躍の場を広げている。2019年から第9期みやぎ絆大使を務めている。近年の主な出演作に【舞台】『秒速5センチメートル』(20)、『るろうに剣心』『エリザベート』(20・共にコロナにより公演中止)、【映画】『恐怖人形』『いなくなれ、群青』(19)、【ドラマ】『恋はつづくよどこまでも』(20・TBS)、『まだまだ恋はつづくよどこまでも』(20・Paravi)、『SUITS/スーツ2』(20・CX)、『小山内三兄弟シリーズ』(19~・NTV)など。

僕にとっての『ロミオ&ジュリエット』は、大きなテーマとして“愛”はもちろん“出会い”をもたらす作品です。前回は小池修一郎さん、出演者の皆さん、そして今回はロミオ役。前回出演した時にロミオを演じる二人に密かに嫉妬して、いつか演じたいと思っていたので、今回夢が叶いました。自分がこの先俳優という仕事を続けていくうえで、看板になる役であり、作品だと思っています。歴代のロミオ役は、いまやミュージカル界のトップにいる方々ばかりでプレッシャーはありますが、それこそも楽しめる自分なりのロミオを創っていきたいです。
2021年版として新しく生まれ変わります。この時代にとてもピッタリな“愛”をテーマにした作品ですので、是非お越しください。

ロミオ(Wキャスト)

甲斐翔真/Shouma Kai

2016年に『仮面ライダーエグゼイド』でドラマ初出演し人気を博す。以降映像を中心に活躍し、2020年に『デスノートTHE MUSICAL』で初舞台にして初主演を務める。以降、ミュージカル俳優としても作品を重ねている。近年の主な出演作に【舞台】『マリー・アントワネット』(21)、『RENT』(20)、【映画】『偶然と想像』(公開日未定)、『♯ハンド全力』『君が世界のはじまり』『シグナル100』(20)、『君は月夜に光り輝く』(19)、【ドラマ】『いつか、眠りにつく日』(19・CX)、『ゼロ 一獲千金ゲーム』(18・NTV)など。

世界中の人が知っている「ロミオ」という役を演じることへの責任、そして焦りを非常に感じております。ですが、関わるすべての方に感謝しながらしっかりと演じていきたいです。
『ロミオ&ジュリエット』は、ロマンチックでありながら、“愛と犠牲”、“幸福と孤独”、“破壊と再生”など難しいテーマが織り交ざっていて、お客様がそれらを考えるきっかけになる作品でもあると思います。
2021年のこの『ロミオ&ジュリエット』が今の時代にどのような関わりを作れるのか、しっかりと考えて作品に向かっていきたい。こんなご時世の中、劇場に来てくださった方には、必ず素敵な時間をお届けします。

©御座岡宏士

ジュリエット(Wキャスト)

伊原六花/Rikka Ihara

大阪府立登美丘高等学校でダンス部のキャプテンを務め、"バブリーダンス”で話題を集める。高校卒業後の2018年に芸能界活動を開始。同年6月に1st写真集「rikka」を発売、井上陽水の9年ぶりのシングル「care」PVへの出演、更に7月にはドラマ『チア☆ダン』(TBS)で女優デビューを果たし、翌年1月にはシングル「Wingbeats」を配信。本作がミュージカル初出演となる。近年の主な出演作に【舞台】MISHIMA2020『橋づくし』(20)、『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3(20・コロナにより上演中止)、【映画】『明治東亰恋伽』(19)、【ドラマ】『エアガール』(21・EX)、『神様のカルテ』(21・TX)、『どんぶり委員長』(20-21・BSテレ東)、『なつぞら』(19・NHK)など。

誰もが知っている、愛されている作品に出演することが決まって、本当に光栄で夢のようです。昨年残念ながら上演中止となってしまった 『ウエスト・サイド・ストーリー』(以下 WSS)が「ロミオ&ジュリエット」を元にした作品だったので、ジュリエットを演じる事にもご縁を感じます。『WSS』を上演できなかった悔しさや、培ってきた稽古での想いなどをプラスして今回に挑みたいです。ジュリエットは可憐で純粋なイメージがありますが、戯曲を読むと冷静さを持ちつつも16歳という年齢ならではの熱量や行動力がある女の子です。私自身も良いと思ったことには没頭してしまうタイプなので共感できます。歌もダンスも練習をしっかりし、作品に入り込んで作っていきたいです。最大限出せる力を全てぶつけて、ジュリエットと共に成長したいです。

ジュリエット(Wキャスト)

天翔愛/Ai Tensho

俳優・藤岡弘、の長女。学生時代に自主制作映画『夢唄』に出演し、「高校生のためのeiga worldcup2019」で最優秀女子演技賞を受賞。高校卒業後は音大に入学。学業と並行して2020年にバラエティ番組に出演し芸能活動を開始する。以降、バラエティやCMを中心に活躍。本作が初舞台にして女優デビューとなる。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』は、世界の名作でありますし、“純愛”を貫ぬくストーリーや楽曲の美しさが一番心に残っていた作品で、いつか演じてみたいとずっと願っていました。今回、オーディションを通過し、ジュリエットとして出演が決まった時は「夢が叶った!」と驚きと嬉しさで感謝の気持ちが溢れ、震えるほどでした。父に最初に報告したのですが、「選んでくれた方々に感謝を忘れずに作品に取り組むように」とアドバイスをもらいました。私はジュリエットと同じ十代なので、作品のテーマである“愛”に目覚めていくトキメキや愛の力の素晴らしさを、十代ならではの純粋さや感性、一途さで繊細に表現していきたいです。そして初舞台ということに甘えず、全身全霊を込めて歌・ダンス・演技に取り組み、「観に来てよかった」と皆様に心から思っていただけるように頑張ります。

ベンヴォーリオ(Wキャスト)

味方良介/Ryosuke Mikata

ミュージカル、演劇作品と舞台を中心に活躍。近年は映像作品にも積極的に参加している。近年の主な出演作に【舞台】『熱海殺人事件ラストレジェンド』(21)、『銀ちゃんが逝く』『飛龍伝2020』(20)、『HAMLET-ハムレット-』(19)【ドラマ】『ドリームチーム』(21・NHK)、『理想のオトコ』(21・TX)、『桶狭間OKEHAZAMA〜織田信長〜』(21・CX)、『妖怪シェアハウス』(20・EX)、『教場』シリーズ(20-21・CX)など。

ベンヴォーリオ(Wキャスト)

前田公輝/Goki Maeda

6歳より芸能活動を開始し、2003年よりNHK教育テレビの「天才てれびくんMAX」のてれび戦士を3年間務める。『ひぐらしのなく頃に』シリーズ(08・09)で映画初主演を務め、ドラマ・映画と映像を中心に活動し、10年には『白虎隊・ザ・アイドル』で舞台初主演を果たす。近年の主な出演作に【舞台】『天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~』(20)、『少しはみ出て殴られた』(12)、【映画】『カイジ ファイナルゲーム』(20)、『3人の信長』『Dinerダイナー』『女の機嫌の直し方』(19)、【ドラマ】『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(21・NTV)、『ルパンの娘』(20・CX)など。

マーキューシオ(Wキャスト)

新里宏太/Kota Shinzato

2011年の第24回JUNONスーパーボーイコンテストファイナリスト。コンテストで披露した「オリビアを聴きながら」にて高い評価を受け、13年にアニメ「ワンピース」の主題歌に起用された「HANDS UP!」でメジャーデビューを果たす。歌手活動と並行してドラマや舞台へ出演し俳優としても活躍している。近年の主な出演作に【舞台】『Fate/Grand Order THE STAGE -冠位時間神殿ソロモン-』、イマーブシアター『サクラヒメ』〜『桜姫東文章』より(20)、ミュージカル『スタミュ』-3rdシーズン-(19)、【ドラマ】GTO(14・CX)など。

マーキューシオ(Wキャスト)

大久保祥太郎/Shotaro Okubo

幼い頃より日本舞踊を習い、ジャズ、ヒップホップ、タップダンスなど様々なジャンルの踊りと歌を特技とする。 確かな演技力で舞台作品を中心にドラマや映画などでも活躍。近年の主な出演作に舞台『イヌビト~犬人~』(20)、『僕らの力で世界があと何回救えたか』(19)、『オイディプスREXXX』(19)、『MAKOTO』(18)、『風博士』(19-20)など。2018年より、劇団阿佐ヶ谷スパイダースのメンバーとしても活動している。

ティボルト(Wキャスト)

立石俊樹/Toshiki Tateishi

2015年に結成されたダンス&ボーカルグループ「IVVY」のボーカルとしてアーティスト活動を開始し、17年にメジャーデビュー。同年4月にミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンにて俳優デビュー。以降、舞台・ドラマ・映画にも多数出演。近年の主な出演作に【舞台】『黒執事~寄宿学校の秘密~』『チョコレート戦争~a tale of the truth~』(21)、【映画】『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』(21)、『遮那王 お江戸のキャンディー3』(19)、【ドラマ】『サクセス荘3』(21・TX)、『社内マリッジハニー』(20・MBS)など。

ティボルト(Wキャスト)

吉田広大/Kodai Yoshida

2015年、ボーカル&ダンスグループ「X4」(エックスフォー)のメンバーとしてデビュー。ソロとしてもライブ、舞台、ミュージカル等、活動の幅を広げる。動画サイトでは出演したカラオケ番組が多くの再生回数を記録するなど話題に。シンガーソングライターとしての活動もスタート。近年の主な出演作に【舞台】『RENT』(20)、『私のホストちゃん』シリーズ(16-20)、『タイタニック』(18)など。

(Wキャスト)

小㞍健太/Kenta Kojiri

ダンサー・振付家。1999年ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロ・スカラシップ賞受賞後、渡欧。モナコ公国モンテカルロバレエ団を経て、ネザーランド・ダンス・シアター1に日本人男性として初めて入団。2010年よりフリーとなり『Study for Self/portrait』(2017年、原美術館) など創作活動を軸に、シルヴィ・ギエム「6000 Miles Away」、スウェーデン王立バレエ団、Noismなどに客演。また渡辺レイ、湯浅永麻とOptoを主宰するほか、オペラやミュージカルの振付、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導、さいたまダンス・ラボラトリ(彩の国さいたま芸術劇場)の講師/ナビゲーター、2020年4月よりDance Base Yokohama ダンスエバンジェリストを務めるなど多岐にわたる。

(Wキャスト)

堀内將平(K-BALLET COMPANY)/Shohei Horiuchi

10歳よりバレエを始める。2008年ジョン・クランコ・バレエ スクールに留学。12年よりルーマニア国立バレエ団に在籍し、ファースト・ソリストとして主要な役を踊る。15年Kバレエ カンパニーに入団。20年10月最高位のプリンシパルに昇格。主な出演作は、熊川版『白鳥の湖』のジークフリード、『ドン・キホーテ』のバジル、『ロミオとジュリエット』のロミオ、『海賊』のコンラッド、『くるみ割り人形』のくるみ割り人形/王子など、数々の作品で主演。


キャピュレット夫人


春野寿美礼
Sumire Haruno


乳母


原田薫
Kaoru Harada


ロレンス神父


石井一孝
Kazutaka Ishii


モンタギュー卿


宮川浩
Hiroshi Miyakawa



モンタギュー夫人


秋園美緒
Mio Akisono


パリス


兼崎健太郎
Kentaro Kanesaki


ヴェローナ大公


岡 幸二郎
Kojiro Oka


キャピュレット卿


松村雄基
Yuki Matsumura

R&Jダンサー

新井智貴 KOSUKE 酒井航 高木勇次朗 谷森雄次 徳永大輝
仲田祥司 永松樹 早川一矢 松平和希 矢内康洋 渡辺謙典
伊藤香音 井上真由子 北田涼子 弓野梨佳 今野晶乃 斎藤葉月
齊藤恕茉 七理ひなの 杉原由梨乃 谷さくら 平井琴望 森本さくら

スウィング

竹廣隼人 本田大河 魚澄陽香 樽谷笑里奈

ページトップへ